nv100-clipper

NV100クリッパーは日産が販売している軽バンです。

日産の自社製造ではなく、初代(2003年-2013年)は三菱自動車工業からミニキャブバンのOEM供給を、2代目(2013年 – 2015年)・3代目(2015年~)はスズキからエブリィのOEM供給を受けて販売しています。

初代U71V/U72V型(2003年-2013年)は『クリッパー』、2代目DR64V型(2013年 – 2015年)と3代目DR17V型(2015年- )が『NV100クリッパー』という名称です。

3代目NV100クリッパー(DR17V型)の主要スペック

全長 全幅 全高
3395mm 1475mm 1875mm
荷室長 荷室幅 荷室高
1910mm 1385mm 1240mm
最小回転半径 最大積載量 JC08モード燃費
4.1m 350kg 15.4km/L
中古車を探す 新車見積もり 買取価格を調べる

3代目NV100クリッパーの概要

最上級グレードとなるGXターボハイルーフは内装も充実しています。商用軽バンは背もたれの薄いベンチシートが多いですが、NV100クリッパーのGXターボは左右独立のシートを採用しています。

前席での移動がスムースなウォークスルーとなっています。

NV100クリッパーの荷台

床位置まで広い開口幅を確保したバックドアは、積み込み・積み降ろしの作業が効率よく行えます。

clipper_luggage

荷室長は最大で1910mmの余裕のラゲッジスペースを確保しています。
パンケースなら74ケース、ビールケースなら40ケース、ダンボールなら69箱積むことが出来ます。

nv100-clipper_luggage1

NV100クリッパーのインテリア

NV100クリッパーのインテリアは2種類用意されています。

DXはビジネス向きの実用性に長けた内装を採用しています。後列シートはあくまでも補助席ですので、長時間の移動には向きません。

2016ninv100-DXseat
DXグレードのインテリア

GXグレードはそれなりに上質なシートデザインとなっており、前列・後列シートともにヘッドレストも装着されています。

2016ninv100-GXseat
GXグレードのインテリア

3代目NV100クリッパーのボディカラー

3代目NV100クリッパーのボディカラーは以下の3色がラインナップされています。

・スペリアホワイト(#26U)
・シルキーシルバー(#Z2S)
・ブルーイッシュブラック(#ZJ3)

2代目NV100クリッパー(DR64V型)の主要スペック

2013年にスズキからエブリィのOEM供給を受けて発売されたのが2代目です。

全長 全幅 全高
3395mm 1475mm 1875mm
荷室長 荷室幅 荷室高
1700mm 1360mm 1195mm
最小回転半径 最大積載量 JC08モード燃費
4.1m 350kg 15.4km/L
中古車を探す 新車見積もり 買取価格を調べる

初代クリッパーU71V/U72V型(2003年-2013年)

2003年に三菱自動車工業からミニキャブのOEM供給を受け販売を開始した初代クリッパー。

発売当時はミニキャブと共通のエクステリアでしたが、2005年のマイナーチェンジでウインググリルに変更して日産らしさを出しました。

ミニキャブのOEMを受けていた初代はNV100クリッパー・ダブルキャブが存在します。

初代NV100クリッパーの主要スペック

全長 全幅 全高
3395mm 1475mm 1875mm-1890mm
荷室長 荷室幅 荷室高
1780-1840mm 1370mm 1125-1230mm
最小回転半径 最大積載量 JC08モード燃費
4.3m 350kg 15.8km/L

初代クリッパーの荷台

nv100-clipper_1daime2

nv100-clipper_1daime3

nv100-clipper_1daime

関連;日産:クリッパーバン

保証や返品サービスが充実している
中古車販売サイト

スバット車販売

トラックやバンなどの商用車はエンジンやボディが丈夫なために故障リスクが低く、中古車でも長く乗ることができます。

普通車と比べると多くの部品が共通化されているために整備費用が安く済みますし、税金面でも優遇されるのでとても経済的です。

それでも、万が一の場合に備えて保証や返品サービスがあると嬉しいですよね。

そこで、中古の商用車を買う方にお勧めしたいのがスバット車販売です。

中古車販売実績NO.1のガリバーが運営しており、保証や返品サービスなどのアフターサービスも充実しています。

>>スバット車販売で中古車を探す

車を高く売るなら無料一括査定

かんたん車査定ガイド

お得に車を買い替えるなら「今ある車を少しでも高く売って購入費用の足しにする」のが一番合理的ではないでしょうか。

私がハイゼットカーゴ(7年落ち走行6.6万km)を複数の買取会社に査定してもらった所、一番高い会社と低い会社の差が21万1500円になりました。

一括査定サービスの中で最も高額査定になったのがかんたん車査定ガイドです。

申込は1分で終わり、最大10社の中からすぐに高額査定の会社が分かります。

>>かんたん車査定ガイドで高額査定会社を探す