hiacevan

ハイエースの主要スペック

全長 全幅 全高
4695mm 1695mm 1980mm
荷室長 荷室幅 荷室高
3000mm 1520mm 1320mm
最小回転半径 最大積載量 JC08モード燃費
5.0m 1000kg 11.2km/L
中古車を探す 買取価格を調べる 公式サイト

ハイエースの概要

1967年に登場し、トヨタの商用車のフラグシップとなっているのがハイエースバンです。
耐久性や積載量の多さ、エンジンパワーなどから多くの企業の社用車として広く用いられています。

多くのワンボックスカーに用いられているキャブオーバー型(座席下にエンジンをおいて後輪を駆動させるタイプ)を採用していまが、最も大きな特徴は座席下に前輪を設置していることです。

前輪位置を通常よりも後ろ側に設置することでホイールベースを短くし、小回りの効くようになっています。
全長4840mmのボディながらホイールベースは2570mmです。最小回転半径は5.0mとコンパクトカー並の取り回しの良さを実現しています。
(スーパーロングバンはホイールベース3110mm、最小回転半径6.1mです。)

ハイエースの荷室

hiacevan_laggage

hiacevan_laggage1

ハイエースの盗難について

日本損害保険協会による保険金支払い事案を対象とした調査結果では、2007年から7年連続で車両盗難の被害ワースト1位になっていました。

ハイエースが盗難被害にあう理由としては
・使い勝手が良く耐久性があるため海外でも人気
・部品の汎用性が高い(船舶や発電機用途にハイエースのエンジンが使われる)
などがあげられています。

2012年からイモビライザーが搭載されたため車両盗難の被害は大きく減少しました。

しかし、日本国内での盗難や密輸出も後を絶たないのが現状です。
万が一盗難被害にあった場合は警察への連絡だけでなく、保険会社への連絡も忘れないようにしましょう。
車両の盗難は保険金支払いの対象になります。「車両積載動産特約」に加入していれば、車内にあった道具なども補償の対象になります。

保証や返品サービスが充実している
中古車販売サイト

スバット車販売

トラックやバンなどの商用車はエンジンやボディが丈夫なために故障リスクが低く、中古車でも長く乗ることができます。

普通車と比べると多くの部品が共通化されているために整備費用が安く済みますし、税金面でも優遇されるのでとても経済的です。

それでも、万が一の場合に備えて保証や返品サービスがあると嬉しいですよね。

そこで、中古の商用車を買う方にお勧めしたいのがスバット車販売です。

中古車販売実績NO.1のガリバーが運営しており、保証や返品サービスなどのアフターサービスも充実しています。

>>スバット車販売で中古車を探す

車を高く売るなら無料一括査定

かんたん車査定ガイド

お得に車を買い替えるなら「今ある車を少しでも高く売って購入費用の足しにする」のが一番合理的ではないでしょうか。

私がハイゼットカーゴ(7年落ち走行6.6万km)を複数の買取会社に査定してもらった所、一番高い会社と低い会社の差が21万1500円になりました。

一括査定サービスの中で最も高額査定になったのがかんたん車査定ガイドです。

申込は1分で終わり、最大10社の中からすぐに高額査定の会社が分かります。

>>かんたん車査定ガイドで高額査定会社を探す