商用バンは大きく分けて2つのタイプ

商用バンは大きく分けて2つのタイプがあります。

1つはステーションワゴンの形状をしている商用車で一般的にはライトバンと呼ばれているもの。

もう1つはワンボックスカーと呼ばれているタイプで、エンジンを座席下においたキャブオーバー型のものです。

ライトバンの代表車種

プロボックス
2016年現在、ライトバンを製造しているのはトヨタと日産だけです。

トヨタはプロボックスとサクシード、日産はADとADエキスパートを製造しています。
プロボックスとサクシード同一車種、ADエキスパートはADの上位車種です。

マツダが販売するファミリアバンは日産からOEM供給を受けており、ベースはADです。

プロボックスのエンジンが最高1.5Lの排気量であることに対してADは1.8Lを採用しています。
荷物を載せてパワフルに走れる点ではADが有利でしょう。

ワンボックスカーの代表車種

ハイエース

商用ワンボックスカーで圧倒的なシェアを誇っているのがトヨタのハイエースです。多彩なラインナップからボディ形状を選ぶことができるのが特徴です。

ボディ全幅は通常の1695mmとワイドな1880mmを
最大積載量は850kg、1000kg、1250kgの3つを
室内長は標準、ロング、スーパーロングの3種類を用意しています。

ハイエースと長年の競合車種なのが日産のNV350キャラバンです。
もともとキャラバンという名前で販売していましたが、2012年のフルモデルチェンジで名前を変更しました。

ハイエースがショートホイールベースで小回りに優れるのに対して、NV350キャラバンはロングホイールベースで直進安定性能に優れる特徴があります。

保証や返品サービスが充実している
中古車販売サイト

スバット車販売

トラックやバンなどの商用車はエンジンやボディが丈夫なために故障リスクが低く、中古車でも長く乗ることができます。

普通車と比べると多くの部品が共通化されているために整備費用が安く済みますし、税金面でも優遇されるのでとても経済的です。

それでも、万が一の場合に備えて保証や返品サービスがあると嬉しいですよね。

そこで、中古の商用車を買う方にお勧めしたいのがスバット車販売です。

中古車販売実績NO.1のガリバーが運営しており、保証や返品サービスなどのアフターサービスも充実しています。

>>スバット車販売で中古車を探す

車を高く売るなら無料一括査定

かんたん車査定ガイド

お得に車を買い替えるなら「今ある車を少しでも高く売って購入費用の足しにする」のが一番合理的ではないでしょうか。

私がハイゼットカーゴ(7年落ち走行6.6万km)を複数の買取会社に査定してもらった所、一番高い会社と低い会社の差が21万1500円になりました。

一括査定サービスの中で最も高額査定になったのがかんたん車査定ガイドです。

申込は1分で終わり、最大10社の中からすぐに高額査定の会社が分かります。

>>かんたん車査定ガイドで高額査定会社を探す