バンを乗用タイプに改良したのがワゴン

バンとは主に貨物の運搬を目的とした商用車、ワゴンとは主に人の運搬を目的とした乗用車です。

バンを乗用タイプに改良したのがワゴンと考えれば分かりやすいと思います。

スズキの商用バンであるエブリイの乗用モデルはエブリイワゴン、ダイハツの商用バンであるハイゼットカーゴはアトレーワゴンの名称で販売されています。本体の構造は全く同じままで、シート形状を変更して乗員の快適性を高めています。

ナンバーの違い

後部座席長より荷室長が長い車両を「貨物自動車」に分類され、これがバンと呼ばれています。
普通貨物車は1ナンバー、小型貨物車は4ナンバーで登録されます。

荷室長より後部座席長が長い車両を「乗用車」に分類され、これがワゴンと呼ばれています。
普通乗用車は3ナンバー、小型乗用車は5ナンバーで登録されます。

バンとは

商用車に使われるバン(VAN)は商品を輸送する隊列を意味するキャラバン(CARAVAN)からきています。

もともとバンは、荷台に屋根がついている車種の総称として使われていました。このため荷台に屋根が付いていないトラックなどはバンとは呼ばれません。

商用車のことをバンと呼ぶことが多いですが、バンが商用車カテゴリの一つではありません。
トヨタのヴォクシーや日産のセレナなどがミニバンと呼ばれているように、必ずしもバンが商用車と言う意味を持っているわけではないのです。